すみれとパピヨン

我が家の愛犬アニー(パピヨン)と‘すみれ’がメインのガーデニング、、、その他、日常的な様々なことを綴っていきます。

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>



<< アニー(パピヨン)の庭探検2 | TOP | 実家の爺さん猫 >>

2008.07.16 Wednesday

シェルティの親子

ある意味これも回想ですが、、、。


私が小学生(中学だったかな?)の頃、我が家(実家)に突然やってきたシェルティ(♀)、、、。

名前は父親の鶴の一声で“チャウ”。

そして数年後、我が家で出産。そのうちの一頭が“ペコ(♀)”。

'89.10.9_チャウ&ペコ

向かって左が母親“チャウ”5歳半くらい。右が娘の“ペコ”1歳半くらいです。

母親は長生きして、長寿を全うした感じでしたが、娘の方は、癌で早く亡くなってしまいました、、、もちろん母親より早く、、、。人間で例えたら、40歳くらいだったそうです。

長期にわたる入退院の繰り返し、辛い治療にも黙って耐える、信じられない程我慢強い子でした。担当の先生にも「こんな子はいない。」と言われる程。

もう10数年まえのことですが、今思い出してもポロリ



コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://annie.pigulin-forest.com/trackback/803563

トラックバック

▲top